ADMIN TITLE LIST
 流産 ~ 赤ちゃんはまたやってきてくれました (o^▽^o)/


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



流産の手術を終えて、1週間後の検診に行ってきました。

もう検診の予約も入れることもなく、人も少ない夕方の病院。
検診後の先生はいつも言う「今回は残念だったね。」と・・。

でも、子宮も回復してるので今日から湯船に浸かってもいいよ。と言ってくれました。
手術の際に、筋腫があるなぁ。と言われましたが、これも大丈夫なようで・・。本当かぁ?

これで11月末日までに月経があれば、問題ないのですが・・。
ホルモンバランスが崩れたり、また苦難が襲ってくるのかなぁ。

そして月経があっても、手術から2~3ヶ月は子宮を休めなくてはいけないので、次の子をがんばるには、2月以降です。
正直、心を休めるにもちょうどいいのかもしれません。

今年のクリスマス&お正月はおなかの中に赤ちゃんがいるはずだったのに、その夢も叶わなかった・・。

初めての妊娠・・そして私は1人目で流産を経験してしまいました。

一生忘れることは出来ない事実には変わりはない。

ただ時間が心を徐々に癒してくれるかな・・。

家族の顔を見ることもなく逝った子のためにも未来の子供が生きる力を身に付け明るく元気に生まれてくることを信じよう。

信じるしかない。
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記




亡くなってしまった赤ちゃんや胎盤・卵膜を外に出す手術が、10月22日の予定でしたが、10月17日の朝、少しの出血がありました。

その後・・トイレに入ると血の固まりまで確認し、慌てて病院へ連絡をしました。
「もう症状がでてるので、病院に来てください。」と言われ、流産とわかっていながらも、画面を見て「赤ちゃんはダメなんですか?」と聞いてしまい、涙が止まりませんでした。

「手術の前に子宮を広げて様子を見ますからね。」と作業がはじまりましたが、これがものすごく痛かったです。
病室に戻り点滴をしながら横になって、窓の外をボーッと見ていると、赤ちゃんの泣き声が聞こえてきました・・。
ドアの外からは「赤ちゃん見に行こうか。」と他のママさんと家族同士の声が聞こえ、私は、ただただ泣くばかりでした。

・・1時間ぐらい経った頃でしょうか、「手術しますので移動します。」と声がかかり、麻酔をかけられ、手がだんだん痺れてきて、そのまま眠ってしまったようです。
先生に「手術終わりましたよー。」と声をかけられ、本当にあっ。という間でした。
あっ。という間に赤ちゃんともサヨナラでした。

まだ麻酔が効いているので、酸素マスクをしてボーッとしていたのでしょう・・。
そのうちすすり泣く声が聞こえました。私以上に泣き虫の姉だ・・。
全身麻酔でしたが、問題なく手術を終えたので、「大丈夫だよ。死んでないから」と大げさな冗談を伝えました。

麻酔もとれ、通常通りの外来の内診台で確認。
・・ハァァ3週間前まではここで赤ちゃんの心拍の確認ができてすっごく喜んでいたのにな・・。
まだ他の妊婦さんもいたので、必死に涙をこらえました。

姉に自宅まで送ってもらい、今日のことを何も知らない愛しの犬2匹が「どこ行ってたんだよ~」と言ってるかのように「ワンワン」吠えて出迎えてくれました。

早く元気な赤ちゃんを産んで、犬たちとも慣れさせたかったのにな・・。
これもしばらくお預けになってしまいました。

テーマ:不妊 - ジャンル:心と身体




こんな日に限って、今日の病院は混んでいました。
だいぶ待たされた後、名前が呼ばれいつも通りの超音波検査をしていると・・。
先生がなかなか言葉を発してくれない・・。
そして、開口一番「あ~残念だったね・・・。赤ちゃんねー、成長してないなぁ。

ホントに耳を疑いました。赤ちゃんの心臓は動いてないんですか?
どうして?どうして?と叫びたかった勢いです。

もう先生の言葉が耳に入らず、でも私のことなんだから・・と、
必死に落ち着けと心の中で叫びました。

稽留(けいりゅう)流産 でした。
稽留流産とは・・?
赤ちゃんがおなかの中で亡くなっているのに、ママには何の症状も出ないことです。
最近は、超音波検査を頻繁に行うので、症状が出る前に赤ちゃんが亡くなっていることがわかるようです。
そしてなるべく早く赤ちゃんや胎盤・卵膜を外に出す手術をしなくてはいけません。


何の症状もないので、妊婦検診で「流産しています」と言われても、すぐには納得できない人も多いようです。
まさにその通りです。そうなんです。信じられないのと流産の言葉が頭の中をグルグル・・。
今だかつて中絶もしたこともないのに・・。どうして私が・・。

どうして私・・手術の話を聞いてるんだろう・・。
あ・・そうか私、流産しちゃったんだ。と受け止めました。
もう血液検査なんかしたくない! 涙がどんどんでてきて・・
そう・・こんな日に限って病院は、混んでいました。

もっとつらい経験をしているママさんだっているのに、私は泣け虫でしょうか・・。
そして何より、応援コメントをくれたママさん(タミさん・なつママさん・まろん)たち、本当にありがとうございました。
そして、少なからず私の中で生きていてくれた赤ちゃんにもお礼を言いたいです。

私はこのような結果でしたが、妊婦ママを応援しています!
私はあまり若くないところがとってもヤッカイなのですが、この手術を終え、復活しこのブログでまた、ママ友達をたくさんつくり、産まれました報告ができるよう頑張ります!

しばらくは、流産についてのブログになってしまうかな。
でも、負けないぞぉ!頑張るぞぉ!

【 手術予定日:2005年10月22日 】

-------------
暮らし楽しい☆生活レシピ
http://toboe.net/mama/
-------------

テーマ:日記 - ジャンル:育児






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2005 Life with *ちび*, All rights reserved.







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。